無駄吠えする犬かは、そもそも買うときに決まっているかもしれません

無駄吠えする犬かは、そもそも買うときに決まっているかもしれません

無駄吠えする犬かは、そもそも買うときに決まっているかもしれません

ポチナビ

 

犬の無駄吠えには犬の社会化期の育て方ががそもそも重要。

 

と記事を書きましたがそもそも、購入するときに社会化のタイミングを逃した犬が
販売されていることがあるので気を付ける必要があります。

 

どういうことかといいますと犬は生後45日までは社会化の中でも親や兄弟と過ごすことが
非常に重要ですが、それより前に販売されていることが多々あります。

 

何故その大事な時期に親や兄弟と離され販売されているかと言いますと、

 

大きくなりすぎると売れなくなるから

 

です。

 

人間の都合で非常に勝手なことですが現実です。

 

ペットショップもそれで生計を立てている方たちなので、売れ残ってしまう事を恐れて
そういった事をされているのも100%攻めることは私には出来ません。

 

しかし、犬にとっては本当に重要な時期なので犬を飼う時には十分気をつける必要があります。

 

ポチナビ

 

ペットの先進国の欧米では8週齢以下での子犬の販売が法律で禁止されているくらいです。

 

お店側は当然それが分かって販売をしているのでそういった時期の重要性を説明することも
ありません。(説明しない時点でどうかと思いますが、、、)

 

よって子犬を飼うときに、生後何ヶ月なのか?
販売されるまでの間にしっかりと親や兄弟と過ごすことが出来ていたかを確認又は
推測する必要があります。

 

この社会化の時期に不適切な育てられ方をされた犬は、人間不信でいつまでも飼い主の言うことを
聞かなかったり、他の犬に対して攻撃的になってしまう可能性が高まってしまいます。

 

100%問題の無い犬を探し出すことは難しいですし、犬のクセもかわいさにつながる物だとは
思いますが、このことを知っておけば明らかに問題がある育てられ方をされた犬を購入し
躾や一緒に暮らしていくのに苦労をする。というリスクはかなり少なくなると思います。

 

こういった信頼できるブリーダーの犬を見に行くのも良いかもしれませんね。
引渡し時期のタイミングもしっかりと考慮されていますよ。

 

ONLYSTYLEオンリースタイル 車中泊専用マット


ホーム RSS購読 サイトマップ